ブログ

季節の変わり目は牛刺しで乗り切りましょう!|フタバ 鳥取米子店

季節の変わり目は牛刺しで乗り切りましょう!|フタバ 鳥取米子店

こんにちは!フタバ 鳥取米子店PR担当です。

新型ウィルスが世間をざわつかせていますが、正しい予防が生命線のようですね。

美味しいものをたくさん食べて、免疫力アップを目指しましょう!

 

フタバの牛刺しで元気モリモリ!おいしい牛サガリ

牛サガリとは牛の横隔膜です。その横隔膜の中でも背中に近い方の部分がハラミと呼ばれ、肋骨に近い方をサガリと呼びます。

サガリはハラミに比べ脂分が少なく、あっさりとして柔らかいのが特徴です。

どちらにしても高角膜は運動量の多い部位ですので、赤身で食べやすい柔らかさが特徴です。

そんなおいしいサガリを、じっくりと低温調理してご提供するのがフタバの牛刺し「牛サガリ」です。

添えたレモンをキュッと絞って、塩だけで召し上がるのも通な感じでおすすめです。

 

希少部位のサンカクも牛刺しとして召し上がれます

サンカクとは、牛前足付け根辺りの部分の肉を指します。

赤身ですがほどよくサシが入り、味わいが強いのが特徴で、原型が栗のような形なので、関西では「クリ」とも呼ばれています。

牛一頭から採取できる量が極端に少ないので流通量も少ないですが、とても食べやすくしっかりした旨みがあり、牛肉の中でも特に美味しいと言われる希少部位なのです。

そのサンカクも牛刺しでお召し上がりいただけますよ!

お手頃な設定にしていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

おなじみの牛タンも目からウロコの牛刺しでどうぞ!

牛タンはご説明するまでもなく、牛肉の中でもかなりポピュラーな部位ですね。

牛タンといえば焼肉メニューとして上位に挙げられる人気のお肉です。

焼肉屋さんでは、焼き網がまだ新しい状態のときに出されることが多いですが、それは、牛タンの持つ柔らかさと繊細な味わいを残すためなのだそうです。

焼き過ぎないのがコツだとも言われていますね。

そんな牛タンの本来の旨味を存分に楽しめるのが、牛刺しです。

低温調理なので、中まで火が通っているのに生食感が十分残っていて、旨味を逃がすことがありません。

牛タンは牛刺しでいただくのがイチオシです!

 

フタバの牛刺しで、スタミナアップと免疫力向上をおいしく狙ってくださいね。

 

 

レトロモダンで落ち着いた空間

米子駅徒歩4分、有名デザイナー・濱野浩一氏プロデュースのレトロモダンな「大衆酒場フタバ」。
骨董品屋で厳選したレトロなアイテムとガレージ感のある店内、カフェのように居心地の良い空間でお酒をお楽しみください。

サワーと逸品料理で飲み会

瀬戸内の温暖な気候に育まれ、防腐剤を一切使用していない「広島レモン」をつかったレモンサワーはまろやかな酸味がクセに!
塩レモン、はちみつレモン、生搾りなどなど。ビールやハイボールも充実!ご宴会に是非。

落ち着いた空間で優雅な大人の時間を過ごしたい時は、
フタバ 鳥取米子店へ 皆様のご来店をお待ちしております!

以上、フタバ 鳥取米子店PR担当でした。

 

各種お問い合わせ・ご予約は下記の電話番号まで!

電話番号:050-5269-7347
ネット予約はこちら!

 

※コース料理に関しまして、内容、構成が一部異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

※2019年10月からの消費税改定に伴いまして、ご来店時の価格とサイト表記金額が異なる可能性がございます、詳細お問い合わせは店舗までご連絡ください。

住所

〒683-0065
鳥取県米子市明治町157番地1F

電話番号

050-5269-7347

営業時間

16時~22時
(ラストオーダー:21時半)