ブログ

永遠の味!昭和へのプチタイムスリップ|フタバ 鳥取米子店

永遠の味!昭和へのプチタイムスリップ|フタバ 鳥取米子店

こんにちは!フタバ 鳥取米子店PR担当です。

あっという間に目の前にゴールデンウィークが迫ってきましたね。

何かご予定はありますか?今年のゴールデンウィークは、旅先のチョイスに少し迷いそうな日程ですが、やっぱり非日常は味わいたいですよね。

そこでおすすめ、近くのお店で懐かしい味探索ツアーなどいかがでしょう?

 

昔の喫茶店の定番メニューのひとつといえば

熱々の鉄板にてんこ盛りの赤いスパゲティ、昔懐かしい鉄板ナポリタン498円(税別)です。

玉ねぎやピーマンにウインナーも入っています。鉄板には薄焼き卵が敷かれ、見た目の香りも食欲をそそってくれますよ!

この鉄板に卵を敷いたナポリタンの発祥は、名古屋で昭和36年に誕生したというのが定説だそうです。

どこの生まれでも、いつのアイデアでも、おいしいものは美味しいのです。

 

肉汁爆発!熱々おいしい豚メンチカツ

お箸の先で、カラッと揚がったメンチカツの真ん中を割ったとき、わずかに聞こえるおいしい音を聞き逃さないでくださいね。

サクッと割れた先から溢れ出す肉汁こそ、肉汁豚メンチカツ298円(税別)の真骨頂です。付け合せのザク切りキャベツも、たっぷりかかった甘めのソースも、全部ノスタルジックに仕上げてきます。

思わずホカホカご飯が食べたくなるかもしれません。美味しいからといって、たくさん頬張ると火傷するかもしれません。ご注意くださいね。

このメンチカツを食べながら、昭和に浸るプチ旅行なんていうのもオツな感じだと思いませんか?

 

 

レトロモダンで落ち着いた空間

米子駅徒歩4分、有名デザイナー・濱野浩一氏プロデュースのレトロモダンな「大衆酒場フタバ」。
骨董品屋で厳選したレトロなアイテムとガレージ感のある店内、カフェのように居心地の良い空間でお酒をお楽しみください。

サワーと逸品料理で飲み会

瀬戸内の温暖な気候に育まれ、防腐剤を一切使用していない「広島レモン」をつかったレモンサワーはまろやかな酸味がクセに!
塩レモン、はちみつレモン、生搾りなどなど。ビールやハイボールも充実!ご宴会に是非。

落ち着いた空間で優雅な大人の時間を過ごしたい時は、
フタバ 鳥取米子店へ 皆様のご来店をお待ちしております!

以上、フタバ 鳥取米子店PR担当でした。

 

各種お問い合わせ・ご予約は下記の電話番号まで!

電話番号:050-5269-7347
ネット予約はこちら!

 

※コース料理に関しまして、内容、構成が一部異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

※2019年10月からの消費税改定に伴いまして、ご来店時の価格とサイト表記金額が異なる可能性がございます、詳細お問い合わせは店舗までご連絡ください。

住所

〒683-0065
鳥取県米子市明治町157番地1F

電話番号

050-5269-7347

営業時間

17時~22時
(ラストオーダー:21時半)